法人デビットカードを使うメリット

審査なしで持つことができる

通常のクレジットカードやキャッシュカードなどを作成、使用する場合は必ず作成しようとしている人の年齢や年収などが審査されます。したがってすぐに使いたいと考えていたとしても法人クレジットカードの場合は三週間以上必要になることもあります。さらに審査に合格できなければ当然作成そのものができません。 一方法人デビットカードの場合は審査が全く必要ないものも存在するため、作成の依頼をすればすぐにカードを作成することができます。例えばとある法人デビットカードの場合は申し込みをしてからおよそ10日ほどでカードが届くため、クレジットカードのように1か月近く待つようなこともありません。すぐにカード決済をしたいという経営者にはありがたいでしょう。

お金がすぐに決済されて年会費が無料なとことも多い

クレジットカードでは基本的に後払いとなるため、支払いは翌月以降となることがほとんどです。そのため支払日をチェックしておき、支払日までに引き落とし口座にお金があるかチェックしておかなければいけません。 一方法人デビットカードの場合は引き落としが利用してからすぐに行われるため、カードを利用する前に引き落とし口座へお金を用意しておけばいちいち引き落とし日や口座の確認をする必要がありません。これはお金を管理する経理の人間にとっては事務処理が大きく軽減されることに繋がります。そして法人クレジットカードの場合は年会費が必要になるものが多いですが、法人デビットカードでは年会費がかからないものもたくさんあるので、カード発行後のコストを気にする必要がありません。