法人デビットカードを使うデメリット

第三者に不正利用される危険性がある

会社で必要な経費を法人デビットカードを通じて支払うようにすると、お金の流れがすべて記録されて不正な使い込みを防止できるとともに、ポイントがつくのでお得になります。一方でデビットカードを利用することでのデメリットも存在します。たとえば、どのようなデメリットがあるのかというと、まずは第三者による不正利用の可能性です。たとえば、デビットカードに記載されているカード番号を自動で生成するソフトウェアがあり、こういったソフトで作られた番号と手持ちのデビットカードの番号が偶然一致した場合、勝手に買い物をされてしまう可能性がゼロではありません。 また、カードを入れた財布を落としたりすれば、やはり悪用される可能性が出てきます。

デビットカードの利用を禁じている店も

不正利用の危険性は法人用のクレジットカードにも存在しますが、デビットカードの場合、利用された時点で瞬時に口座から現金がなくなる上に、不正利用が認められて口座に現金が戻るまでが遅いのでクレジットカード番号を悪用された場合と比べるとやっかいといえます。 また、クレジットカードが利用できる店であってもデビットカードが使えないところがあるというのもデメリットでしょう。店側が禁止しているケースとカードを発行している銀行が使えないようにしているケースがあり、どちらかに当てはまっている場合はいくら銀行に連絡したところで使えるようになることはありません。 ただ、実際は使えるのに店側がトラブルを避けるために「デビットカードは使えません」といってくるケースも存在します。こういうケースを回避するためには、支払時、デビットカードという言葉をいわずに単に「一括払いで」と伝えるといいでしょう。