法人デビットカードは法人クレジットカードとどう違う

デビットカードとクレジットカードの異なる点はご存じでしょうか。どちらのカードが良いか判断するためにも、違いについては知っておきたいです。これらのカードの異なる点について紹介していきますので、参考にしてみてください。

法人デビットカードと法人クレジットカードの支払いサイクルの違いについて

デビットカードは審査が甘め

法人デビットカードと法人クレジットカードは付帯サービスにも違いがある

それぞれのカードの特徴

法人デビットカードは、その名の通り法人名義で作るデビットカードのことです。このカードは法人の銀行口座を持っていないと開設できません。クレジットカードのように買い物にも利用できます。デビットカードには2タイプあり、キャッシュカード機能を有するものと、国際クレジットカードと提携した銀行即時引き落としタイプです。デビットカードは、クレジットカードのように後払いではなく、即時引き落としであるのが特色です。 一方、法人クレジットカードは会社や個人事業主などの法人に対して発行されるクレジットカードです。俗に、法人カードとも呼ばれています。法人クレジットカードには、法人名と個人名が記載されています。引き落としの口座は、法人名義の口座です。

法人デビットカードと法人クレジットカードの違い

両者を比較すると、支払サイクルが異なります。法人デビットカードは利用と同時に銀行から引き落とされる仕組みですが、法人クレジットカードの場合は、毎月締め日があり、支払日も決められていて、支払いが月に1回のみですので、管理がしやすいメリットがあります。 法人デビットカードのメリットは、法人クレジットカードと比較すると審査が甘いことです。そのため、会社が赤字経営の場合でも審査に通る可能性があります。また、ポイントのたまり方も異なります。法人デビットカードでは、ポイント還元サービスはキャッシュバック型が多いですが、法人クレジットカードでは、ポイント法が採用されています。 審査が通りやすくキャッシュバックが受けられる法人デビットカードですが、公共料金を支払えないことや、引き落とし口座の変更ができないなどのデメリットもあります。

法人 デビットカードの特徴

法人 デビットカードは、使うと同時に口座の残高からすぐに引き落とされます。つまり、口座にお金がなければ使うことが不可能です。

法人デビットカードの長所と短所

起業したばかりの企業なのでクレジットカードがなかなか作れないというようなケースには、デビットカードが良いかもしれません。ここでは、法人デビットカードの長所と短所を解説していくと共に、どのような場合にデビットカードが向いているかも紹介します。

法人デビットカードを使うメリット

通常のクレジットカードやキャッシュカードなどを作成、使用する場合は必ず作成しようとしている人の年齢や年収などが審査されます。したがってすぐに使いたいと考えていたとしても法人クレジットカードの場合は…

法人デビットカードを使うデメリット

会社で必要な経費を法人デビットカードを通じて支払うようにすると、お金の流れがすべて記録されて不正な使い込みを防止できるとともに、ポイントがつくのでお得になります。一方でデビットカードを利用すること…

法人デビットカードはどんな場合におすすめ?

デビットカードというのはクレジットカードかのように買い物の時に使うことができるカードです。ただクレジットカードとは支払いタイミングが違います。基本的にデビットカードはリアルタイムで引き落としをしま…